ゴールボール選手 浦田理恵プロフィール

浦田理恵 Rie Urata

総合メディカル株式会社 社員
ゴールボール

1977年7月1日熊本県生まれ。20歳を過ぎ急激に視力低下し網膜色素変性症と判明。
左目の視力はなく、右目も視野が95%欠損しており、強いコントラストのものしか判別できない。
北京2008パラリンピック出場。
ロンドン2012パラリンピックにて金メダル獲得。
リオデジャネイロ2016パラリンピック5位。
年間約60件の講演会をこなし受講者数は10,000名を超える。

2018年の戦績

日付 大会名 順位 備考
6/3~6/8 2018 IBSA Goalball World Championships 5位  
3/30~4/1 マルモインターカップ 5位  

過去の戦績

大会名 順位 備考
2017年 Malmo Lady and Men Intercup 銀メダル  
 International Trakai Goalball Tournament 銀メダル  
ジャパンパラゴールボール競技大会 優勝  
IBSA Goalball Asia/Pacific Championships 金メダル  
2016年 リオ・デジャネイロ パラリンピック 5位  
2015年 IBSAアジア・パシフィック選手権大会 金メダル  
2014年 カナダ・モントリオール・オープントーナメント 金メダル  
仁川アジアパラ競技大会 銅メダル  
2012年 ロンドンパラリンピック 金メダル  
2010年 アジア選手権大会 金メダル  
広州アジパラ競技大会 銀メダル  
2008年 北京パラリンピック 7位  
2007年 IBSA世界選手権大会最終予選(サンパウロ) 銅メダル  
2006年 フェスピック大会 銅メダル  
2005年 日本選手権大会 優勝  

受賞歴

2016年 福岡県スポーツ議員連盟感謝状
2013年 西日本スポーツ賞
2012年 厚生労働大臣賞
毎日スポーツ人賞
福岡県民スポーツ栄誉賞 
福岡市民スポーツ栄誉賞
くまもと「夢づくり賞」(史上2人目)
熊本南関町町民栄誉賞

目が見えなくなって見えるようになったことがあります。
感覚を研ぎ澄まし、音でボールやコートを見たり、夢を持って挑戦することの楽しさ、そして周囲への感謝の気持ちの大切さを気づかせていただきました。
困難は神様からのプレゼントです。
悔しさや苦しみ、悲しみや怒りをどれだけポジティブに変換し、楽しさを見出していけるか。
日々の小さな一歩を大切に、支えていただている方々との力をつなぎ、限界を更新していきます。
その先に世界一の栄光があると信じています。

主な講演テーマ

自分らしくキラキラ生きる
夢への挑戦

講演実績(抜粋)

  • 2017年1月24日  熊本ダイハツ販売株式会社
  • 2016年12月6日  住友生命 東京部長懇談会
  • 2016年12月2日    公財)兵庫県人権啓発協会
  • 2016年6月13日  久光製薬㈱筑波研究所
  • 2016年4月5日    株式会社長崎国際テレビ