ゴールボール選手 信沢用秀プロフィール

信沢用秀 Yoshu  Nobusawa

フコクしんらい生命保険株式会社 社員
ゴールボール

1986年7月4日東京都生まれ。
先天性網膜芽細胞腫で生まれ、現在の視力は右0.01、左は0。
16歳の時に盲学校の部活でゴールボールと出合う。
ゴールボール男子主将として活躍し、2017年8月アジア・パシフィック選手権銅メダル獲得。日本選手権3連覇中。
東京2020パラリンピックに向け、学校等でゴールボール競技の普及活動に努める。

成績

ゴールボール全日本男子主将
2016年 日本選手権 最多得点王獲得
2015年 IBSAワールドゲームス 8位

2014年 仁川アジアパラ競技大会 銅メダル
2012年 日本選手権 MPV・最優秀選手賞獲得

2016年 マルモインターカップ 4位/7チーム
日本選手権大会男子1次予選 1位/9チーム
日本選手権大会 1位/8チーム ※最多得点王獲得
2015年 マルモインターカップ 7位
IBSAワールドゲームス 8位
日本選手権大会 優勝
IBSAアジア・パシフィック選手権大会 4位
2014年 仁川2014アジアパラ競技大会 銅メダル
2014アジアカップ 4位
IBSAワールドチャンピオンシップゴールボールトーナメント 4位
2013年 アジア・パシフィック地域ゴールボール選手権大会 銀メダル
日本選手権大会 優勝
2012年 日本選手権大会 優勝
※MVP・最優秀選手賞獲得
2007年 日本選手権大会

優勝

この環境に感謝して打ち込む

盲学校で出会ったゴールボール。
仲間と共に勝つ喜びにのめり込みました。
しかし、社会人となってからは競技と生活の両立ができず何度も代表を辞退しなければなかったことも。
この環境を与えていただいた事に感謝し、ゴールボールの素晴らしさやゴールボールを通じて学んだことを皆様にお伝えしていきたいです。

主な講演テーマ

仲間と力をあわせて
周りの声を聞こう 自分から声を出そう
 

講演実績(抜粋)

2016/10/14 士幌町立新田小学校
2016/10/14 士幌町立西上音更小学校
2017/1/16   東京都中央区立阪本小学校