大会結果

【大会結果】小西・城間・山下・副島/2017ジャパンパラ陸上競技大会

【大会結果】2017ジャパンパラ陸上競技大会

いつも応援いただきありがとうございます。
下記、2017ジャパンパラ陸上競技大会の結果をご報告いたします。

 

◆小西恵子選手(T53)
○100m/18秒48(風+1.1)(1位/2人)
○200m/35秒11(風-0.4)(1位/1人)

◆城間圭亮選手(T54)
○100m予選/16秒76(風+0,4)(4位/5人)
○100m決勝/16秒58(風+1,8)(6位/8人)
○200m/29秒96(風+1,1)(5位/7人)
○400m予選/59秒04(予選敗退5位/7人)
○800m予選/1分54秒81(4位/5人)
○800m決勝/1分53秒94(8位/8人)

◆山下慎治選手(T12)
○5000m/17分30秒58(3位/3人)

◆副島正純選手(T54)特別サポート選手
○800m予選/1分47秒81(3位/5人)
○800m決勝/1分49秒95(6位/8人)
○1500m/3分30秒26(5位/8人)


【小西選手からのコメント】

今大会は、思い切ってポジションを変更して出場しました。
記録更新とはならなかったものの、トラックや風の状況を考えれば、良い方向ではないかと感じています。
今年のトラックのレースはこれで終了です。
来年に向けて取り組みたいことが幾つかありますので、計画を立てて練習に励みたいと思います。

【城間選手からのコメント】

自身の課題でもあるスタートがうまくいかず後半のスピードが上がりませんでした。
課題の原因を見つめ直して、トレーニングを行っていきたいと思います。
次は、大分国際車いすマラソンに向け頑張って行きたいと思います。

【山下選手からのコメント】

僅かではありますが、自己ベストを更新できました。
しかし、目標タイムは出せなかったので、レース内容や練習を振り返り、改善していきます。
これから本格的にマラソンシーズンになりますので、メインレースとなる別府読売マラソン大会に向け、リスタート致します。

【特別サポート副島選手からのコメント】

このひと月は、トラックのトレーニングを行い本大会に挑みましたが、結果はイメージとは程遠く、思ったように速度が上がらず体力ももちませんでした。全体的に練習時間と練習時間を増やし、マラソンとトラックを両立していきます。

 

応援ありがとうございました。

 

【公式】日本パラ陸上競技連盟

https://jaafd.org/contents/code/results/01-2/01-2_2017

↑その他、競技結果はこちらからご覧になられます。