高杉製薬株式会社 代表取締役社長 髙杉義明様

医薬品、試薬、食品添加物、化学工業薬品などの製造ならびに販売業。

「夢を持つ大切さ」

当社は、昭和4年(1929)福岡市で創業しました。医薬品、試薬、工業薬品などを製造し販売しています。誠実をモットーに、アイデアを出し合って、社業の発展に努めています。近年は、安全、衛生、環境に力を入れ、社会に貢献することを重視しています。

シーズアスリートと出会ったのは、社団法人博多法人会の研修会です。車いすマラソンでは日本を代表する選手である、副島正純さんの講演を聴きました。副島さんがお父様の工場で働いていた時に、300kgの鉄板の下敷きになり下半身が麻痺されたことを知りました。しかし、絶望することなく車いすマラソンに出会い、夢を持って取り組んできたという内容でした。普通だったら絶望する状況でしょうが、へこたれることなく、よくぞ今日まで頑張ってこられたなあと感動しました。

その後、法人としてシーズアスリートを支援することになり、副島さんとの交流が続いています。年に3~4回は来社され、状況を説明していただきます。その誠意には心を打たれます。小宮さん、浦田さん、工藤君たちも来社されました。私たちは障害者としてではなく、トップアスリートとして彼らとお付き合いしております。大きな夢を持って、限界に挑戦する姿は、人間として輝いておられます。反対に私たちが夢を持つ大切さを教えられていると思います。