車いす陸上選手 城間圭亮プロフィール

城間圭亮 Keisuke Shiroma

マスミューチュアル生命保険株式会社 社員
車いす陸上

1996年3月21日沖縄県生まれ。
先天性の二分脊椎症により両足に麻痺が残り、日常生活では車いすを使用。
小学校5年生の時にアスリート工房の下地隆之コーチと出会い、車いす陸上に取り組む。
2013アジアユースパラ競技大会で日本代表に初選出、100m200m400m800m全てで金メダルを獲得。
東京2020パラリンピック大会にて金メダル獲得を目指し、沖縄を拠点に活動する若手アスリート。

成績

2016年 関東パラ陸上競技大会

100m 4位  16秒63
200m 2位  28秒25
400m 5位  53秒29
800m 4位  1分49秒7 ※シーズンベスト

ジャパンパラ陸上競技大会

100m 7位  16秒36
200m 2位  28秒55
400m 7位  52秒88
800m 5位  1分56秒36

2015年 大分国際車いすマラソン大会 6位
2014年 日産カップ追浜チャンピオンシップ 5位
2013年 アジアユースパラ競技大会(マレーシア) 100m
200m
400m
800m
4種目金メダル※初の日本代表

「感謝の気持ちを忘れず、夢に向かって突き進む」

私は、スポーツに出会えた事でたくさんの可能性が広がりました。
「できないことを可能にする面白さがある」、「できないならどうやったらできるかを考えさせてくれる」これがスポーツだと思います。
これから、感謝の気持ちを忘れず、スポーツを通してたくさんの人に、夢や希望を与えていきたいです。

主な講演テーマ

夢への一歩を踏み出して

講演実績(抜粋)

  • 2017年2月21日 マスミューチュアル生命保険株式会社
  • 2016年2月1日   福岡県立玄洋高等学校