ゴールボール 工藤力也プロフィール

工藤力也 Rikiya Kudo 

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター 社員
ゴールボール男子強化指導スタッフ/C’s Athleteリーダー

1981年6月11日福岡県生まれ。19歳でレーベル病(視野の中心部分を欠損)を発症し視力低下。現在の視力は0.02(矯正不能)。
2017年3月にゴールボール日本代表を引退。
男子強化指導スタッフとして活動の傍ら、シーズアスリートのリーダーとして所属選手を束ねる。
コーチとして初の世界舞台2017年6月トラカイトーナメントに臨みゴールボール男子チーム銅メダル獲得。

過去の戦績

大会名 順位 備考
2018年 2018日本ゴールボール選手権大会 優勝 コーチ兼選手として出場
2017年 日本ゴールボール選手権大会 優勝 コーチ兼選手として出場
2015年  IBSAワールドゲームス 8位  
マルモインターカップ 7位  
IBSAアジア・パシフィック選手権大会 4位  
2014年 2014アジアカップ 4位  
2012年 日本選手権大会 3位 得点王獲得
2010年 広州アジアパラ競技大会 4位  
2007年 グットラック北京 銅メダル  
2006年 マレーシアフェスピック大会 銅メダル  

選手時代に叶えるこのできなかった「パラリンピック出場」という夢。
今はコーチとして同じ夢を追い続けています。
そして、シーズアスリートのリーダーとして今と未来のアスリート達の夢実現を支えることが私の使命です。
夢や目標は、明確なビジョンを持ち諦めずに前進し続ける限り、可能性は0%にはならない。
考え、努力し成功体験を積み重ねていくことで自己成長し、夢に手の届く自分自身を創り上げていきます。
東京2020大会でたくさんの夢の花を咲かせます。

これまでの主な講演の演題

  • 「目標を持って生きる素晴らしさ」 
  • 「思い続ければ、夢はかなう」
  • 「自分の可能性を信じて」

【主な内容】

  • 順風満帆な人生から一転、視覚障害者へ~受け入れきれない医師の言葉~
  • 失意の底に落とした大学教師の一言
  • 夢や希望を失い、真っ暗闇の引きこもり生活へ~母の悲しい言葉と涙~
  • 世界で一番不幸なのは自分だという勘違いを打ちのめされた障害者達との出会い
  • 日々に目標と夢を持たせてくれたゴールボールとの出会い
  • 結婚式で父が見せた初めての涙
  • 人生を変えたシーズアスリートとの出会い~仕事と競技ができる喜び~
  • 日本男子チーム、悲願のパラリンピック出場を目指して~勝つまで諦めない~