ゴールボール 工藤力也プロフィール

工藤力也 Rikiya Kudo 

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター 社員
ゴールボール男子強化指導スタッフ/C’s Athleteリーダー

1981年6月11日福岡県生まれ。19歳でレーベル病(視野の中心部分を欠損)を発症し視力低下。現在の視力は0.02(矯正不能)。
2017年3月にゴールボール日本代表を引退。
男子強化指導スタッフとして活動の傍ら、シーズアスリートのリーダーとして所属選手を束ねる。
コーチとして初の世界舞台2017年6月トラカイトーナメントに臨みゴールボール男子チーム銅メダル獲得。

成績

2015年IBSAワールドゲームス8位
2012年日本選手権大会3位(得点王獲得)
2007年グットラック北京銅メダル
2006年マレーシアフェスピック大会銅メダル

2016年 2016ゴールボール日本選手権大会 2位
2015年 マルモインターカップ 7位
IBSAワールドゲームス 8位
IBSAアジア・パシフィック選手権大会 4位
2014年 2014アジアカップ 4位
2012年 日本選手権大会 3位(得点王獲得)
岐阜ゴールボール大会 優勝
2011年 IBSA世界選手権大会(トルコ) 最終予選敗退
日本選手権大会 準優勝
2010年 アジア選手権大会 4位
広州2010アジアパラ競技大会 4位
2008年 福岡大会 優勝
2007年 グットラック北京 銅メダル
2006年 マレーシアフェスピック大会 銅メダル

不可能なんてない、思い続ければ夢はかなう

何も不自由のない日々から一転、19歳のとき病気により視覚障害者になりました。 人生で初めての挫折を味わい、夢や希望を失った時もありました。 今、元気に生きて行けているのは支えてくれる家族や仲間達のお陰です。

障がい者であり二児の親になった自分だからこそ気付けたこと、伝えられることがあると思います。

今まで、多くの方々に支えられ生きてこられました。 これからは自分も誰かの支えになりたい。 日々、目標を持ち仕事と競技に打ち込める素晴らしさ。 より自分を磨き成長し、地域や社会に貢献したい。スポーツから学んだ感動や感謝の心。

講演やゴールボール体験を通じて、たくさんの方々にメッセージを届けたいです。

これまでの主な講演の演題

  • 「目標を持って生きる素晴らしさ」 
  • 「思い続ければ、夢はかなう」
  • 「自分の可能性を信じて」

【主な内容】

  • 順風満帆な人生から一転、視覚障害者へ~受け入れきれない医師の言葉~
  • 失意の底に落とした大学教師の一言
  • 夢や希望を失い、真っ暗闇の引きこもり生活へ~母の悲しい言葉と涙~
  • 世界で一番不幸なのは自分だという勘違いを打ちのされた障害者達との出会い
  • 日々に目標と夢を持たせてくれたゴールボールとの出会い
  • 結婚式で父が見せた初めての涙
  • 人生を変えたシーズアスリートとの出会い~仕事と競技ができる喜び~
  • 日本男子チーム、悲願のパラリンピック出場を目指して~勝つまで諦めない~