パラ卓球選手 西村卓士プロフィール

パラ卓球選手 西村卓士プロフィール

西村卓士 Nishimura Takashi

株式会社アソウ・アルファ 社員
パラ卓球

1992年4月7日奈良県生まれ
生後まもなく心肺が停止し、大動脈離断症、心室中隔欠損と診断され
その後遺症で右不全麻痺、てんかんになる。
21歳まで奈良県の大学で卓球を続けるが環境を求めて、
2014年に練習環境を求めて愛知に拠点を移す。
自己最高成績 全日本クラス別選手権シングルスベスト8

過去の主な戦績

大会名 順位 備考
2016年 全国クラス別パラ選手権シングルス ベスト16  
2017年 全国クラス別パラ選手権シングルス ベスト8  
2018年 東海卓球選手権 (障害無差別級) 3位  
全国クラス別パラ選手権ダブルス ベスト8  
全国クラス別パラ選手権シングルス ベスト16  
2019年 全国クラス別パラ選手権シングルス ベスト8  

—『その涙は努力の証だ』—
パラリンピック出場をかけた大事な試合で敗北し、もう競技をやめようと諦めかけたとき支えてくれる仲間の言葉が気づかせてくれたのは「努力は人を裏切らない」ということでした。自分の可能性を信じ、パラリンピック出場という夢を叶えることで支えてくれるたくさんの人に恩返しがしたい。そして、諦めなければ夢はきっと叶うということを伝えられるような選手になりたい。一度は諦めかけた夢を再び目指すことができる喜びと感謝を胸に、一度きりの人生に全力を尽くします!